MENU
公社の歩み
HOME > 公社の歩み

(財)大阪府住宅協会設立から大阪府住宅供給公社誕生まで
1950年

(財)大阪府住宅協会設立
賃貸住宅建設事業着手

1956年

一般分譲住宅建設事業着手 中高層耐火建築物建設開始

1960年

千里丘陵住宅地区開発事業着手

1961年

産業労働者住宅建設事業着手

1962年

「金岡東団地」開発に着手

金岡東団地
1964年

(財)大阪府宅地協会設立
泉北丘陵住宅地区開発事業着手
大阪府住宅供給公社設立(昭和40年11月1日)

大阪府住宅供給公社設立(昭和40年11月1日)
1965年

地方住宅供給公社法公布
(財)大阪府宅地協会を組織変更し、大阪府住宅供給公社設立
全国で初めて新住宅市街地開発法の適用を受けて「金岡東団地」が本格的に住宅建設着手

1966年

(財)大阪府住宅協会(昭和25年設立)を統合
現事務所(藤浪ビル)に移転

1967年

(財)大阪府住宅団地サービスセンター設立
枚方津田地区の用地買収開始

1968年

初の賃貸高層住宅建設(新千里南町B)
賃貸住宅の家賃収納にコンピューター導入

新千里南町B
1969年

初の分譲高層住宅建設(新千里南町)

1970年

「大阪府関公整備要綱」に基づく学校の建替施工実施
羽曳野市埴生野で用地取得(羽曳ヶ丘団地)

1971年

年間最多建設戸数を記録
社内報「窓」発刊

社内報「窓」
1972年

公社積立分譲住宅に大阪府勤労者積立分譲住宅頭金融資制度を適用
大阪府特別賃貸住宅家賃補助制度を適用

1973年

府営住宅指定用地取得事業実施

1974年

大阪府勤労者積立分譲住宅頭金融資制度を一般分譲住宅にも適用

1975年

賃貸住宅傾斜家賃採用(昭和50年度経営開始分より適用)
建設大臣賞受賞(茨木郡山団地)

1976年

公社独自の提携ローン制度創設

1977年

賃貸住宅家賃改定(第1回)
ツーバイフォー工法採用(高槻柱本団地5戸)

高槻柱本ツーバイフォー
1978年

泉北ニュータウン総合展示場にモデル住宅開設
分譲・賃貸住宅のテレホンサービス開設

1979年

公社住宅研究会発足

1980年

公社7ヶ年計画策定
メゾネット式タウンハウス供給(泉北赤坂台B・山田西A団地)
海外研修開始

山田西Aメゾネット
1981年

公社が全国初の二段階供給方式分譲住宅を供給(泉北桃山台B団地)
公社がコーディネートした全国初のコーポラティブ住宅を実現
(豊中千成(デネブ))

豊中千成(デネブ)
1982年

土地区画整理法一部改正により公社に事業施工権が付与される
賃貸住宅改善事業着工(大浜北団地)
ハウス55まつり(いずみ寺門和気団地)
企業提案により分譲住宅に初のソーラーシステム導入
(北助松団地)
住宅街区整備事業参画(豊中野畑団地)

ハウス55まつり
1983年

第2回大阪都市景観建築賞受賞(山田西A団地)
家賃審議会設置

1984年

府営住宅との併存住宅計画策定
二段階供給方式分譲住宅第2弾を供給(茨木安威B団地)
分譲住宅販売対策本部設置

1985年

府営・公社併存住宅建設(大東朋来団地)

1986年

女性モニター制度「レディース・アドバイザー100」を発足
河内長野都市計画事業「向野住宅街区整備事業」都市計画決定
文化施設と複合住宅建設(高槻綾園A団地)

1987年

「星田アーバンリビング・デザインコンペ」実施
「好きやねん公社住宅」発刊(PR冊子)

コモンシティ星田
1988年

河内長野市住宅街区整備事業の一環として「アメニティ長野」が竣工
枚方津田団地が関西文化学術研究都市に指定
二段階供給方式によるセンチュリーハウジングシステム・マンション建設(エステ南千里団地)

アメニティ長野
1989年

しんかなシティプロジェクト着手(土地信託事業)
二色のパークタウンまちびらき
分譲住宅管理組合業務受託(ヴァローレ三原台)

1990年

枚方都市計画事業土地区画整理事業として枚方津田地区が都市計画決定を受ける

1991年

枚方津田土地区画整理事業の造成工事に着手

枚方津田土地区画整理事業
1992年

「しんかなCITY」のオープンに伴い、㈱大阪住宅公社サービスが発足

1993年

カナダとの共同プロジェクトにより、公的機関初の木造三階建共同賃貸住宅を実現(メープルコート)
関西空港の開港に伴い、従業員(単身者)用住宅「パルメゾンりんくう」を建設

メープルコート
1994年

釜山公社と結縁調印
次世代型モデル住宅「大阪ふレックスM100」をりんくうハウジングパークに展示

1995年

建設大臣より「第7回住宅月間功労者」表彰受賞
公社初の賃貸住宅建替団地が竣工(羽衣団地)
寝屋川市の萱島東地区密集市街地整備事業に参画

1996年

賃貸住宅リフレッシュ事業開始(公社創立30周年記念事業)
JR吹田駅北口地区第一種市街地再開発事業の一環として「メロード吹田」が竣工

メロード吹田
1997年

全国初の定期借地権方式による特定優良賃貸住宅が竣工(萱島東)

1998年

泉北ニュータウン庭代台に「国際住宅村」を建設(庭代台C団地)

1999年

次世代住宅「ふれっくすコート吉田」完成
「大阪府住宅供給公社・今後のあり方に関する研究会」発足

ふれっくすコート吉田
2000年

枚方津田くにみ坂のまちびらき式典開催
再生賃貸住宅公社型(ニューリフォーム事業)の導入開始
「ハウジングの新時代を担う~大阪府住宅供給公社21世紀の展望~」を発刊

2001年

「経営改善計画」策定
「建替の時期に関する計画」策定
全国で初の公社施工型高齢者向け優良賃貸住宅が竣工(西田辺団地)

2002年

近傍同種家賃へ移行後、初の賃貸住宅家賃改定(第7回)

2003年

羽曳ヶ丘団地造成工事着手
分譲マンション管理・建替えサポート事業開始
賃貸住宅家賃改定(第8回)

2004年

「新経営計画」策定
地域リロケーション住宅(リロケ千里佐竹台)経営開始

リロケ千里佐竹台
2005年

(財)大阪府住宅管理センター(昭和42年設立)を統合

2006年

「新経営計画の検証と対策」発表
新千里西町B団地事業提案コンペ実施

2007年

OPH新千里西町経営開始

OPH新千里西町
2008年

「大阪府住宅供給公社あり方検討会」提言
「大阪府住宅供給公社の自立化に向けた10年の取り組み」策定

2010年

経営理念策定

2011年

三原台単身者住宅を学校教育施設用地として条件付一般競争入札により売却

2012年

指定管理者制度のもと、3地区約6万4千戸の府営住宅指定管理者として指定される
「経営計画」策定
「公社賃貸住宅の耐震化の基本方針」策定
大阪府住宅供給公社債権発行開始
「きずなづくり応援プロジェクト」開始

きずなづくり応援プロジェクト
2013年

居住水準向上リフォームのモデルとしてリノベーション事業を実施(千里山田西団地)

千里山田西団地
2014年

「ストック活用基本計画」策定

2015年

「ストック活用実施計画」策定
泉北ニュータウン再生の取り組みの一環としてDIYリノベーション事業を実施(茶山台団地)
賃貸住宅家賃改定(第12回)

2015年
topへ